ママ、お勉強がしたいの !!

元祖リケジョな母が娘達の学習内容や使用教材について綴るブログです。

取り組み記録

ピグマリオン教材のドット棒。その計算方法をマスターするにはコツがある

我が家が使い込んできた「ピグマリオン教材」の中で最強だと感じているのは「ドット棒」です。今日はそれを使いこなすコツを綴りましたので参考にしてください。家庭学習だけで数概念を育成しようとすると長い戦いとなりますが、頑張りましょう。

ピグマリオン教材で最強なのはドット棒。その計算方法と教え方をまとめました。

ピグマリオン教材で最も効果を感じている「ドット棒」を使った計算方法の紹介です。計算が苦手な理由はいろいろあると思いますが、こんなやり方で得意になる子もいます。

ピグマリオンで家庭学習。ドット棒の使い方と教え方

今日はドット棒の使い方と教え方をまとめてみました。家庭学習にピグマリオンを導入して5年が経過しましたが、算数教育に関してはこのメソッドが最強だと思います。 ドット棒に挑戦したい方は参考にしてください。

小学生の家庭学習を振り返る。小学2年生の算数をどうやって克服するか?

小学1年生で不登校になった娘は、学校へ行かないまま2年生に進級しました。そこで今日は。授業を受けずに進めた家庭学習を振り返り、今期の学習方法について考察したいと思います。算数が苦手な次女をサポートするためにできることは何か? 考えてみました。

【小学2年生の家庭学習】プログラミング学習を再開しました

Scratchを挫折した次女。そんな彼女がプログラミングへの興味を取り戻した話を綴りました。何を使ったらやる気になるのか? 今はコードを組むことが楽しいようですが、どう発展させていくかは悩み中です。

【小学1年生の家庭学習】時計の学習に敗北! 時間の概念を植えるには時期尚早でした

小学1年生の次女は「時計」の学習に苦戦しています。それでも何とか「分」を読むところまでは到達できたのですが、時間感覚は身についていないのです。 時計が読めて、声かけもしたけれど。難しいのが「時の感覚」の育成だったという話を綴りました。

【小学1年生の家庭学習】小学生の計算を攻略! ドット棒はやはり凄い。

ピグマリオンのドット棒は凄い。今日はそんな話を紹介します。 ただ、どんなに優れた教具であっても学校の勉強に反映できないこともあります。そんな教訓でもありますので、低学年の算数に苦戦している方は参考にしてくださいませ。

ピグマリオンの弊害? 娘には4桁の加減暗算ができても苦手な計算があります。

ピグマリオンの幼児教育は最強だと思いますが、1つだけ弊害があると感じたことがあります。ピグマリオンメソッドで数概念を完成させたい方は参考にしてください。

不登校な小学生は「誰と」「どこで」「どんな」勉強を「どれだけ」する?

登校拒否の「その後の話」です。あれから3年が経ち、私の娘達は学校へ行かなくなってしまいました。(悲)そこで今日は。不登校な娘達の勉強方法について綴ろうと思います。 親ができること、できないことを考え、この事態を乗り切りましょう!!

【小学1年生の自由研究】霜柱を冷凍庫で作ろう!!

「霜柱は、家庭の冷凍庫で作れる」そんな事実を絵本の読み聞かせで知った小学1年生と霜柱を作ってみました。実験は簡単ですが考察していると奥深いので、自由研究としてオススメです。是非、やってみてください。

プログラミング玩具 3種を比較し、「プローボ」に決めました。

プログラミング玩具「プローボ」のレビューです。パソコンやタブレットが無くてもできるプログラミング教材に興味がある方は参考にしてください。小学1年生と4年生の娘達は「プローボ」で遊びながらプログラミング的思考が養えるのか? 新たな挑戦が始まりま…

【小学生の家庭学習】小1は自習ができるのか? タイピングに挑戦させてみました

子供が自ら勉強してくれる方法はないだろうか? 共稼ぎ家庭にとって夏休みは鬼門。貴重な時間が過ぎ去っていくことを悩んだ私は「タイピング」をマスターすることを提案してみました。小学生は自習ができるのか? 試した結果を綴ってみました。

【小学1年生の家庭学習】ピグマリオンの「ペリカンパズル」で直角を感じる

ピグマリオンの「ペリカンパズル」の使い方と攻略のコツを紹介します。 小学1年生が解くには簡単かもしれませんが、この教具はパズル系問題にハマるきっかけを与えてくれます。図形問題が苦手なお子さんは是非 挑戦してほしいです。

ピグマリオンの「ウッディブロック」で数の合成能力と三次元空間把握力を同時に育てる

ピグマリオンの「ウッディブロック」の使い方を紹介します。小学校受験で見かける「積み木」の問題が苦手なお子さんに役立つかもしれません。うちの娘は小学生ですが、幼児期からの家庭学習として参考にしてください。

【6歳児の家庭学習】ポップコーンの豆はどのくらい膨らむのか?

「ポップコーンの豆はどのくらい膨らむのか?」そんなことを6歳児と調べてみました。ポップコーンの味はバターで塩でも何でもOKですが、実験方法が知りたい方は参考にしてくださいね。

みかんの新しい剥き方!? 「みかんの皮アート」に挑戦しよう!

芸術的な「みかんの剥き方」をご存知でしょうか? 小学3年生の長女と私が最近ハマっている、「みかんの皮アート」を紹介いたしますので、みかんを余すところなく楽しみたい方は、ぜひ参考にしてください。

くもんの日本地図パズルで地理の勉強をする

くもんの地図パズルは小学生の地理学習に役立ちます。暗記しようと思うと苦痛ですから、遊びながら都道府県名やその特徴を覚えてしまいましょう。 今日は小学3年生の地理学習について綴りましたので、参考にしていただけたらと思います。

くもんの日本地図パズルを活用する方法

くもんの日本地図パズルの活用方法をまとめました。これらは、地理を学ばせるというよりも、地図に親しむことを目的とした遊びです。幼児期から行えるものばかりですから、やってみてくださいね。

【小学3年生の家庭学習】ピアノの練習を楽しくする遊び

ピアノは好きだけど、練習は嫌い。そんな小学3年生と一緒に「ピアノの練習を楽しくする工夫」を考えてみました。彼女の場合は、なかなか弾き始められないのが問題でしたので、練習始めに遊びを盛り込むことにしました。

【6歳児の取り組み記録】モンテッソーリ感覚教育 〜触覚を鍛える「おしごと」〜

モンテッソーリ教育はどうやってやればいいの? そんなことを模索して6年目。今日は、私と次女の取り組み記録を綴りました。行なったのは、感覚教育のうち、触覚を鍛える「おしごと」です。ご興味のある方は参考にしてくださいね。

七田の英語絵本教材で子供と英会話をする方法

七田の英語教材「ゆきおの1日」は、英語が話せないのに英語育児をしている人の救世主です。これはCDつき英語絵本なのですが、聞いて良し、読んで良し、口ずさんで良し! の良品です。幼児と英会話がしたい方は是非使ってみてください。

【小学3年生の自由研究】アイスクリームを冷蔵庫なしで作ってみました!

小学3年生の長女が自由研究として「冷蔵庫を使わないアイスクリーム作り」をしました。夏休みがあと1週間で終わる、この時期に娘はどんな実験をしたのか? 母が記録してみましたので、参考にしてください。

【小学3年生の自由研究】15分で出来る自由研究の実験は「氷マジック」

あと少しで夏休みが終わりますが、自由研究は完成しましたか? うちの娘はまだです。(爆) そこで今日は、15分でやれる簡単な実験を紹介します。小学生でもやれますから、是非、挑戦してみてくださいね。

幼児期からの学習教材はピグマリオン。内容や活用法をまとめてみました!

我が家では「幼児期〜児童期初期」の家庭学習としてピグマリオンメソッドを活用しています。使用教材は簡易版の「ピグマリオンぷちのwebスクール」ですが、十分に効果を感じています。そこで今日は、ピグマリオンで勉強することについてまとめてみました。

【5歳児の取り組み記録】左右の理解が完成。その道のりを振り返る

幼児が左右の理解をするのはいつ? 次女の場合は1歳半から理解し始め、5歳11ヶ月でやっと左右の感覚が完成したようです。難しかったのは「他者から見た左右」を判断することで、これは「自分の左右」を理解してから随分と時間がかかりました。

【小学3年生の自由研究】研究はテーマ決めが命! そして実験計画は慎重に!

いよいよ小学校が夏休みに! 子供達はウキウキですね!? そこで今日は、そんな気持ちをクールダウンするため、自由研究について話し合ってみました。研究テーマの決め方と研究の進め方に興味がある方はこれを参考に話し合ってみてください。

夏休みの宿題と言えば自由研究! プレ実験をしてみました。

小学生の夏休み、宿題と言えば「自由研究」ですよね!? 小学3年生になった長女は何を研究するのか? 本人の希望をリサーチしたので、プレ実験をしてみました。

これもピグマリオンの効果!? 空間認識力が高まると、こんなことができます!

ピグマリオンの学習で得る効果は「物を正しく見る力」だけではない。小学3年生の長女が空間認識力を高めた結果、どのような得意技を身につけたのか? 今日はささやかな自慢話を綴ろうと思います。

【5歳児の取り組み記録】アタマジラミの卵を観察してみました

アタマジラミはどこから感染してくるのか? 娘の感染元は、利用している保育園でした。シラミの駆除は病院ではやってもらえないので、基本はシャンプーと専用のクシを使って自分で行います。今日はそんなアタマジラミの話を綴ってみたいと思います。

【小学3年生の家庭学習】「時間の概念」の教え方

長女は小学3年生。つい最近になって「時の概念」を教え終わりましたので、その教え方を記録したいと思います。「時計が読めること」と「時間の概念が完成していること」は違います。なかなか感覚が育ちませんが根気よく教えましょう。