ママ、お勉強がしたいの !!

研究職の母が娘達の学習内容や使用教材について綴るブログです。

【6歳児の家庭学習】ポップコーンの豆はどのくらい膨らむのか?

親子で作れる「簡単おやつ」といえば、ポップコーン。
我が家では定番のおやつなのですが、自宅で簡単に実験できるアイテムでもあります。

そこで今日は
ポップコーンを作りつつ、6歳児と実験をした話を綴ろうと思います。

とても簡単ですから、是非やってみてください。

スポンサーリンク  

それは、6歳児のポップコーンへの疑問から始まった

最近になってやっと「2倍」「3倍」が分かるようになってきた次女。
数のお勉強をした後に、私が台所でポップコーンを作っていたら。

「ママ、
 ポップコーンは何倍になったの?

なんと、6歳児がコーンの膨張率を聞いてきたのです。(驚)

興味を持った時が「学び時」ですから
そんな時は実験して調べてみるしかないでしょ!?

ポップコーンはどのくらい膨らむのか? 本当に調べてみた

準備したもの

準備したものは以下のものです。

私はメスシリンダーを持っていませんので、ビーカーを代用して実験しました。
普通のご家庭でしたら、計量カップを使うとよいでしょう。

体積を測るものがなかったなら、同じ容器が何回満たされたのかで膨張率を計算してくださいね。

  • ビーカー 
  • はかり
  • とうもろこし

実験 (調理)

まずは加熱前の体積を測ります。
我が家の場合は10mlを初期値としました。

次にこれを調理し、加熱後の体積を調べます。

実験はこれだけなのですが
電子レンジで作るとポップコーンは不発弾が多くなるため、調理は鍋で行うことをお勧めします。

ポップコーンは20倍に膨らんだ!

で、気になる結果ですが。

調理前のポップコーンが ↓ のような感じだったのに対し

調理後は
200ml ラインまで膨張しました !

つまり、ポップコーンは20倍に膨らんだのです。(笑)

ついでに重さも測ってみた

これは母の興味ですが。
ついでに重量も測定してみました。

もちろん
次女に結果を予測させてから実験します(ニヤリ)

次女の予想は「重くなる」

6歳児はどのように予想するのかとワクワクしながら尋ねると…。

大きくなるから、重くなる!

むふふ…。
思った通りの返答です。(笑)

成長すると人は身長と体重が増加していきますものね。
6歳児であっても「大きいものは重たい」なんて先入観が確立されているようです。

でも、実際は?

次女の予想を聞いたら、いよいよポップコーンの重量測定です。

すると
30gだったポップコーンは、調理によって10gに減量していました!

「 …!!!!?
   痩せた !?

次女はちゃんと驚いてくれるので、母は嬉しいです。(笑)

6歳児に考察は難しい

なぜ、こんなことが起こったのだろう?

そんな問いかけを再びしてみたけれど。
次女はお腹が空いていたようで、食べるのに夢中になってしまいました。(汗)

コーンは熱すると爆発してポップコーンになる。
軽くなったということは、体積が増えるのと同時に何かが失われたということ。

この考える過程が大事なのですが…。
なかなか子供を導くのは難しいものですね。(汗)

一緒にポップコーンを頬張りながら、この実験の発展方法を考える母なのでした。