ママ、お勉強がしたいの !!

研究職の母が娘達の学習内容や使用教材について綴るブログです。

虫の絵本で学ぼう! 昆虫の変態とライフサイクル!

うちの次女は虫が好きです。

でも。
ちょっと その理由が変わっていまして。
変態好きだからです。(汗)

そこで今日は。
次女が気に入っている「変態絵本」を紹介したいと思います。

昆虫はどのように生まれ、成長していくのか?

そんな知的好奇心を満たす絵本を集めてみましたので、気に入ったものがありましたら読んでみてください。

スポンサーリンク  

幼児が虫の変態と出会う絵本

虫の変態…というと、難しい話のようですけど。

幼児期から次女は
絵本の読み聞かせを通じて昆虫の変態に親しんでおりました(笑)

はらぺこあおむし

次女が初めて見た変態は
エリック・カールの「はらぺこあおむし」でした。(笑)

これを読んだことがない子なんて居ないのでは?
と言いたくなるほど有名な絵本ですよね。

卵から幼虫に
幼虫からさなぎに
そして、さなぎから蝶に!

これほどまでに魅力的な「変態絵本」はありません。
昆虫の形態に着目させたかったら、この絵本は外せないと思います。(爆)

ぱくぱく

それから。
「ぱくぱく」も外せません。

これは、カブトムシが完全変態する絵本なのですが、凄いのです。

さなぎになったカブトムシが飲み食いをせず、じっと最終変態する瞬間を待つ。
それだけの物語なのに、カブトムシが少しずつ変身していく様子が分かりやすく描かれているのです。

「はらぺこあおむし」と「ぱくぱく」は「変態絵本」の入門書としておすすめです。(笑)

幼児が変態の種類を知る絵本

上述のような絵本を読み聞かせてきたので、次女は全ての昆虫が変態するものと思っていたようですが。

更なる読み聞かせによって、昆虫の成長には複数のパターンがあることを知りました。

変態3種を知る絵本

うまれたよ!ダンゴムシ

例えば、娘達が大好きなダンゴムシ。

彼らは変態しません。(笑)
脱皮を繰り返してサイズ変換のみで成長していく、無変態タイプなのです。

そのことがよく分かる絵本が「うまれたよ!」シリーズの「ダンゴムシ編」です。

このシリーズの絵本は写真がダイナミックで!
「アリ編」や「カマキリ編」もおすすめです。

学校プールのヤゴのなぞ

ダンゴムシが無変態なら。
トンボやバッタは、形態が成虫と全く異なる幼虫が、脱皮して成長する不完全変態タイプです。

次女は「昆虫すごいぜ」の影響でギンヤンマが好きでして。
「学校プールのヤゴのなぞ」は、トンボの変態が堪能できる絵本なので気に入っています。(笑)

私も知りませんでしたが、ヤゴの状態で越冬するトンボがいるのですね。

これほどマニアックにヤゴについて語られている絵本はないと思うので、トンボ好きなお子さんには必ず読み聞かせてくださいね。(笑)

カブトムシの音がきこえる 土の中の11か月

それから。

完全変態タイプの虫といえば、カブトムシ!
他の虫とは異なり、幼虫からさなぎになってから成虫になるのがポイントです。

カブトムシを紹介する絵本は沢山ありますが、次女が気に入っているのは「カブトムシの音がきこえる」です。

これは凄いです!
どれだけマニアックなの?
と、福音館書店へ詰め寄りたくなります。(爆)

カブトムシの卵が幼虫になり
幼虫がさなぎになり
さなぎが成虫になる

そんな成長のドラマを是非、楽しんでください。

虫の変態を比較できる絵本

特定の虫にフォーカスした「変態絵本」に慣れたら、様々な昆虫の変態を比較できる絵本がおすすめです。

かんさつしよう こん虫のへんしん

身近な虫達の変身方法が、たった一冊で知ることができるのが「かんさつしよう こん虫のへんしん」です。

前述の本達と比べると、虫の変身を深く堪能することはできませんが、色々な種類の変態を比較するのには便利です

この絵本は情報量が適切で。
幼児相手にさらっと読めますからおすすめです。

脱皮コレクション

「かんさつしよう こん虫のへんしん」で満足できない変態好きなら、「脱皮コレクション」がお薦めです。(笑)

これほど脱皮を堪能できる本はありませんから !

彼らは何のために脱皮をして変態するのか? そんなことを語る時にご活用ください。(笑)

生き物たちの冬ごし図鑑

それから。

変態をただの形態変化として見るのではなく、ライフサイクルとして見るのには「生き物たちの冬ごし図鑑」がおすすめです。

季節によって、ライフサイクルの回転速度を調節している虫がいる。
そんなことを知ることができます。

寒い冬をどのような形態で過ごすのか?
虫達の生存戦略について語るのに適した本だと思います。

変態つながりで、紹介したい絵本はこれ

うちの次女が好きな「変態本」はいかがでしたか?

最後に虫以外の変態本を一冊だけ紹介したいと思います。
もう変態話でお腹がいっぱいかもしれませんが、これも読み聞かせてくださいね。

オタマジャクシの尾はどこへ消えた?

実は、うちの次女はカエルも好きでして。(汗)
彼女と私が目を輝かせて読んだ絵本が「オタマジャクシの尾はどこへ消えた?」です。

この絵本は、ウシガエルの生態について綴られている本なのですが

オタマジャクシの尾は
切れて無くなるのではなく、体内に吸収される

そんなことを知れます。
(あれ、そんなこと知りたくない?)

この本は、変態する生き物が自身の体を分解し再構成していくことについて語るのに最適です。

絵本から学ぶということ

虫の変態は肉体改造を伴う、神秘的な現象です

その中でも完全変態は、さなぎを形成し、幼虫だった頃の組織を栄養として成長する不思議なプロセスです。 

人は虫のようにダイナミックなイメチェンをすることができませんが、幼児期からの学びを栄養として成熟していく点は、虫と共通していると思います。

人生を楽しめる大人に変態するために、幼児期は何をするべきなのか?

娘達と一緒に絵本の世界を楽しむことくらいしか、私にできることなどないのかもしれませんが、幼児〜児童期の大切な時間を少しでも有意義にするためのお手伝いをしていこうと思います。