ママ、お勉強がしたいの !!

これは4歳と7歳になった娘達の学習記録です。

ママ友には内緒にしているモンテッソーリ教育

最近注目の教育メソッドと言えば、モンテッソーリ教育
あの藤井四段が持つ集中力の源とまで言われている教育メソッドということで、様々なメディアからも取り上げられています。

前人未到の最多連勝記録「29」を達成した藤井聡太四段(14)。白星を重ねる快進撃の要因は、並外れた集中力だ。3歳で入園した地元の幼稚園が取り入れていたのは子どもの自主性を重んじる「モンテッソーリ教育」だった。米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏ら世界的な著名人も学んだことで知られる幼児教育に、「100年に1人」といわれる天才中学生の原点がある。 (日刊スポーツより)

ビル・ゲイツ氏やオバマ元大統領もモンテッソーリ教育を受けてきたのですね。
最近まで私も知りませんでした。

今日はそんなモンテッソーリ教育について綴ろうと思います。

スポンサーリンク  

モンテッソーリ教育とは?

まずは簡単に説明してみますと。

モンテッソーリ教育とは、マリア・モンテッソーリ女史が考案した教育方法。
単に知識を教えるのではなく、「敏感期」と呼ばれる能力の発現時期に注目して学習を進めるのが特徴です。

教材として用いるのは「教具」と呼ばれる美しい玩具。
学習は自発性を重んじ、各自が自由に選択した取り組みを行います。

元々は知的障害者の教育だったそうですが、健常児に対しても有用だという事がわかり、今では世界中の教育期間で活用されているそうです。

モンテッソーリ(風) 教育をやってみた理由

そんなモンテッソーリ教育ですが、お受験系の園で取り入れられる事が多いからなのか、日本では「お受験」のイメージが強いように思われます。

しかし、私がそのメソッドを取り入れた理由はお受験ではありません。
初めての育児に難航していたからでした。
モンテッソーリ女史の考えた教育は、子供の発達を医学的に観察して作り出したメソッドですから。
子育てにも役立つのです。

実際に、子供の発達を軸に彼らの能力を信じ任せるそのメソッドは、次女のイヤイヤを乗り越えるのに役立ちましたし、私にとってモンテッソーリは学習メソッドではなく育児バイブルとなったのです。
(始めたきっかけについては↓ のブログで語っています)

ameblo.jp

2年間やってみた成果は?

このように私は、育児スタイルとしてモンテッソーリ教育を取り入れたのですが。
このメソッドが我が家の家庭学習に貢献したのかと言いますと…

その効果は

あったと思います !

(大きな声で言ってみた)

私の子供達がお世話になっているのは、モンテッソーリ園ではなく公立保育園・公立小学校。
その取り組み内容は、自分で書籍を読み真似てみた…それだけです。

それでも、子供達は「お利口さん」になりました。

次女は能力にムラがありますが
長女は全ての分野において上位の成績です。
(小1レベルの話ですが)

モンテッソーリ教育を取り入れるなら赤ちゃんからがオススメ

もし始める時期を選べるのなら、私は赤ちゃんから始める事をオススメしたいです。

それと言いますのも。
1歳半からモンテッソーリ(風)な取り組みをしている次女と4歳半から始めた長女を比べると、次女の方が、精神的に安定し自発性に長けているように思えるからです。

自立レベルが4歳児と7歳児で同じなのは性格もあるのでしょうが、「長女にも早くからモンテッソーリ教育をしてきたなら、もっと自主性が養えたのでは…」と悔やまれます。

それに。

モンテッソーリ園のお子さんを二人知っていますが、幼少期より教具に触れてきた彼らは共通して他者への配慮がありワガママではありません。
自制ができる…そんな印象がモンテっ子にはあるのです。
(単に上流階級なご家庭が多いからかも?)

モンテッソーリ園でなくてもやれるのか?

モンテッソーリ教育では「感覚」を基礎として思考の土台を形成していくのですが、感覚教具は手作りもできるし、代用できるアイテムが沢山あります。

モンテッソーリ教育が行われる「子どもの家」が近くになくても大丈夫。
「お仕事」と呼ばれる取り組みは、自宅でも実施可能なものが多いのです。

例えばひも通し。 
これだって立派なモンテッソーリの「お仕事」です。

↓ にリンクを貼ったものは七田チャイルドアカデミーでも使っていたものですが、これでもやれます。
最初はひもを穴に通すだけでも十分なのですが、大きさ・色違いの特大ビーズで構成されているので、これを使ってグループ分けをしたり大きさ比べができます。

このように、同じ教具でも発達に合わせ難易度を変えて使う のがモンテッソーリ教育なのです。

語り始めたら止まらないのがモンテッソーリ教育

あぁ…。
モンテッソーリについて語りだすと止まりません…。
でも、今日はここまでにしたいと思います。

私はモンテッソーリ教育を専門で学んでいませんので、紹介できるのは誰でもできるレベルのものだけ。
でも、だからこそ取り入れ易いと思うので、参考にしていただけたらと思います。

あずみん

 

view raw