ママ、お勉強がしたいの !!

研究職の母が娘達の学習内容や使用教材について綴るブログです。

いつまで続くの、イヤイヤ期 !? この時期に母が娘の発達を促すために行なったこと vol.3

f:id:azumin-in-wonderland:20190225201951j:plain

母が娘の発達を促すために行なったこと vol.2」の続きです。

1〜2歳児が「いや!」と言う理由、それは色々あって。

自分でやりたいよ
自分で選びたいよ
〜は嫌いだよ
最後までやりたいよ
怖いよ
それはやりたくないよ

パッと思いつくだけでも、こんなにあります。(笑)

だから、そんな時は
彼らの気が済むようにしてやるか
気分転換に楽しい提案をしてみてはいかがでしょう?

不機嫌な幼児のイライラを吹き飛ばす知育遊び、是非お試しください。

スポンサーリンク  

イヤイヤ期の知育遊びはこれ

子供がイライラし始めた!
でも、大人の都合で早く機嫌を直してもらいたい。(汗)

そんな時は
「これ、やってみる?」
なんて新しい遊びを見せてやるといいです。

「ひねる」遊び

飴ちゃん作り

{AD474CEC-D919-47CC-B1D6-42A44BC90CB2:01}

※ ↑ アメブロで使った写真の使い回しですみません (汗)

2歳になったばかりの頃
次女は「ひねる」遊びが好きで。

ティッシュを丸めた玉と折り紙を用意してやると、喜んで飴ちゃん作りを楽しんだものです。(笑)

ちなみに。
↑ の写真左側の2個が、当時2歳の次女作品。
やはり、長女が作った飴ちゃんに比べるとひねりが甘い!

飴ちゃん作りは手首の可動域を広げる…とまでは言いませんが、楽しく手首を動かせますから、おすすめです。

「つまむ」遊び

洗濯バサミ遊び

↑ は最近の様子ですが。(汗)
長女も次女も洗濯バサミで遊ぶのが好きでして。

イヤイヤ期の頃は、写真のように
洗濯バサミで動物や虫の足を作って遊びました

「亀の足は何本?」
さりげなく、生き物の足の数を教えたり。

「イカが一杯、ウサギは一羽」
ちゃっかり、物の数え方を教えたり。

この遊びに飽きたら
洗濯バサミの進化系、アイクリップを導入。

これを長く繋いだり、変な動物を作ったり。
つい最近はドラゴン作りにハマっていました。

「つまむ」遊びは指先を鍛えますから。
運筆を始める前に沢山遊んであげると良いです。

ペグ刺し

↑ も最近の様子ですが。(汗)

イヤイヤ期が終わろうとしている頃、ペグ刺しが流行りました。

ただ、当時はデタラメに刺すだけ。
娘なりに配色をしていたようですが、今のように図柄を作ったりはしていません。

3本指で摘む
これは、この時期にマスターするべき大事な能力。

5〜6歳まで遊べますから
この時期からペグ刺しに挑戦すること、おすすめです。

「巻く」遊び

糸巻き

※ ↑ も再現写真です。(汗)

「ひねる」遊びも手首を使いますが、「巻く」遊びもおすすめです。

厚紙をギザギザにカットし、毛糸の端を挟んでおくと

い〜とぉ まきまき 
い〜とぉ まきまき 
ひ〜て ひぃ〜て、とんとんとん ♪

なんて、ぐるぐると巻いてくれたものです。(笑)

これは、色々な形の台紙でやるとアートになります
クリスマスのオーナメントを作っても素敵ですよ。

毛糸を巻いているうちに
手首をしなやかに回せるようになりますから。
是非、やってみてくださいね。

これの成果かどうかは不明ですが、娘はボール投げが得意です。
ボールへ力を上手に伝える…そのためにも手首の運動はオススメだと思います!

さいごに

イヤイヤしている時は、子供を放っておくのがベストですが。
そうも言っていられないのが母の辛いところですよね。(悲)

そんな時は
ストックしておいた遊びをローテーションさせる。

これ、幼児を黙らせることに対して効果がありますから!
お試しあれ。

イヤイヤ期は
ある意味、親と子の知恵比べ。
だから、それを楽しんで乗り越えてくださいね。

次はイヤイヤ期の失敗について綴りますので、お楽しみに!