どうやって乗り切るイヤイヤ期!? 母が娘の発達を促すために行なったこと vol.2

f:id:azumin-in-wonderland:20190224071317j:plain

育児休暇が終わり
生活に慣れるのも大変でしたが

長女の時は
暴れ馬のように制御不能になる我が子の対応が大変で。
仕事を辞めてしまおうかと真剣に考えたものです。

それに比べたら
モンテッソーリを知ったからなのか?
次女のイヤイヤ期は楽で。

こだわりの強さにイライラしたものの
「今は それが全力でしたいのね」
なんて思う余裕がありました。(笑)

そこで今日は
イヤイヤ期に母が娘の発達を促すために行なったこと vol.1 」の続きを綴ろうと思います。 

スポンサーリンク  

イヤイヤ期の遊びはこれ

過去に2歳児のこだわりを利用した遊びを綴りました。

イヤイヤ言う理由の一つが「こだわり」なので、ある程度は効果がある遊びだったと思います。

www.azumin-in-wonderland.fun

でも、今から綴ることは
知的な遊びを娘とやってみたい!
そう思い、取り組んだこと。

私の趣味で始めた(自称)モンテッソーリ教育。
1〜2歳児のマイブームを利用した知育遊びをご紹介したいと思います。

「繋ぐ 」遊び

乳幼児って「それ、何が楽しいの?」と大人が思うようなことを楽しみますよね?

うちの娘達も同じで。
イヤイヤ期の頃は繋げる遊びが大好きでした

マグフォーマーを繋げる

たっち・あんよ期の知育遊び」でも紹介しましたが。
マグフォーマーを繋げて遊んでいました。

最初はこれを冷蔵庫の壁などにペタッと貼り付けて遊んでいたのですが、床の上に繋げて並べて見せたら、ハマりまして。
自ら繋げるようになりました。(笑)

我が家には追加で購入したパーツを合わせても90ピースほどしかないのですが。
これを「ピタッ!」「ピタッ!」と繋げている様子は見ているこちらが面白かったです。

マグフォーマーは小さくまとまりますから。
数個をカバンに入れて出かけるのもオススメですよ。

チェーリング繋ぎ

母が娘の発達を促すために行なったこと vol.1」で登場したビックプラチェーン、繋げる遊びでも大活用しました。

これを上手に繋げるのは難しくて。
1人で繋げられるようになったのはイヤイヤ期終盤だったかもしれません。
「ガッシャーン! 合体!!」
そう言いながら、母娘で繋げて遊んでいました。

この遊びのハマり具合は凄くて
一体、いくつ繋げるところまで集中できるのだろう?
なんてワクワクしながら、遊ぶ我が子を眺めたものです。(笑)

これを繋げて遊ぶだけで
指先の力がつきますし、器用になります。

他のアイテムを使ってマッチングさせたり
形別・色別にグルーピングしたり。
数個を規則性を持たせて並べ、法則性を当てさせたりもできますから、これを使った遊びは今でも行なっています。

「切る」遊び

絶頂イヤイヤ期 !! 2歳から遊べる知育玩具コレクション」で綴りましたが。
イヤイヤ期に「切る」遊びが流行りました。

短冊の1回切りで紙吹雪作り

玩具の包丁で食材を切り分けるのが好きだった次女。
それに飽きてきた頃に挑戦させたのがハサミです。(笑)

最初は
ストッキングの紙など少しハリのある紙を短冊にし、それを一度で切り落させるのがオススメです。

モンテッソーリ教育の書籍によると、切る場所を示すガイドを書いてあげた方がよいみたいですが、私は面倒だったのでカットしただけのものを使っていました。(汗)

ハサミと短冊をセットにして棚へ置くと、喜んで紙吹雪を作ってくれまして。
ブームだった頃は、私が短冊作りに追われていた気がします。(爆)

ここで
「切る」遊びの注意点ですけど。

ハサミはちゃんと選んであげた方がよいです。

これね
子供用のハサミだからと言って「切れない」「切りにくい」ものを選ぶと、切る作業を妨げるからです。

手が切れないように作られた安全ハサミは紙が切りにくくて。

切る時に力が入り危ないし
紙がうまく切れないのがストレスで、長女はハサミの上達が遅かったのを記憶しています。(汗)

「明け渡し」遊び

それから。

お風呂遊びの定番「水の明け渡し」もこの頃から始めました。

右手に持ったカップから左手に持ったカップへ水を移して遊ぶだけですけどね。(笑)
子供はこの遊びが好きなのです。

上手に手首が使えるようになったら
指定したラインまで水を注いでもらったり。

ここでも
徐々に難易度を上げていきます。(笑)

この遊びは水以外でもできまして。
お風呂以外ですと、お米やビーズを使って行なっていました。

そして更に。

2歳を過ぎた頃ですと
スポイトを使った明け渡しも可能でした。

スポイトは3本指の調整能力を養いますから、私としては超・オススメです。(笑)

お箸トレーニングの前段階にもなりますし。
スポイトは早い時期から積極的に遊ばせると良いかもしれません。

尊重すべきは「集中」

この時期、やたらと「イヤ!」という子供に親は翻弄されがちですが。

彼らが頑固で何かに拘るのは
彼らの中に芽生えた自我によるもの。

何かに集中することで
彼らは一生懸命に成長しています。

じっと見つめたり
ただ遊んでいるだけに見えても
自力で進化しようとしているのかもしれません。

彼らの集中を邪魔する事は
成長を台無しにしてしまったりするので要注意です。 

なんて。
素人のオバサンが偉そうに綴ってますが。

イヤイヤ期の知育遊び 
まとめ記事はまだまだ続きますのでお楽しみに!!