ママ、お勉強がしたいの !!

研究職の母が娘達の学習内容や使用教材について綴るブログです。

【ラン活2020】ランドセル選びが終了! 買ったのは萬勇鞄でした

ラン活記録が続いてすみません。(汗)

次女のランドセルは、セイバンの「天使のはね」に決めかけていたのですが…。
なんと、長女と同じ萬勇鞄で購入することにしました(爆)

そこで今日は。

ランドセルを選ぶ時に重要視したこと
購入を決断するために妥協したこと

悩み悩んで終わらせたラン活について、綴ろうと思います。

スポンサーリンク  

購入したのは萬勇鞄の「Charme Rose」

ランドセル選びの決め手は、セクシーさでした

セイバンの「天使のはね」がいい!
キラキラのランドセルでなきゃ、ダメ!

そう言っていた次女でしたが。
ランドセルを試着し、パンフレットを並べ比較していくうちに

お姉ちゃんみたいな
大人っぽいランドセルがいい!
なんて言い出しました。(汗)

次女はお洒落さんでして。
小学生になった自分を想像したら、「天使のはね」が子供っぽく感じたようなのです。
小学生だって子供なのにね…(汗)

何も模様がないのは嫌!
でも、子供っぽいのはダメ!
萬勇鞄のバラ模様はセクシーだから、これがいい!

これが「Charme Rose」のワインレットを選んだ理由でした。(汗)

萬勇鞄のここが良い!

姉妹で萬勇鞄ユーザーになったということで。
ランドセルをまだ決めかねている方のために、この工房のランドセルについて語らせていただきますと。

大人も子供も魅了されるデザイン

↑ が次女のランドセルの内装です。素敵でしょ!?

萬勇鞄のランドセルと言えば
派手すぎない美しいデザインが一番の長所だと思います。

大人好みとも言えますが
だからこそ、高学年になっても飽きがこないのです。

母としては、刺繍なしの鞄がベストだと思いますけどね。
やはり、ランドセルを選ぶ年齢の子供には刺繍があるランドセルが人気なのです。(汗)

萬勇鞄は隅々までお洒落なデザイン。

下着までこだわる次女ですから
萬勇鞄を選んだのは、必然的だったのかもしれません。(笑)

大人も納得するクオリティとコスパの良さ

それから。
萬勇鞄はコスパが良いのも魅力です。

皮の質は、やはり土屋鞄や鞄工房山本の方が上質。
気品すら感じるランドセルは大人に人気です。

ですが
子供が欲しがるランドセルはどれか ?
そんな視線で選ぶと、キラキラしていたり刺繍があるランドセルの方が、子供のニーズを満たしているのではないでしょうか?

セイバンがそういう意味では最強ですが、大人も子供も満足…という意味で萬勇鞄のランドセルは最高だと感じています。

どこのランドセルも、何だかんだ言って子供が選ぶのは似たような価格帯です。
同じ価格帯でランドセルを比べると萬勇鞄のクオリティは高い!

これは試着の旅に出なければ分からないこと。
是非、ランドセルは実物を見て購入してくださいね。

萬勇鞄のこれはいただけない!?

でも。
そんな萬勇鞄にも欠点があります。

総合的には満足していますが、2年間使ってみて不満に思っていることがあるのです。

ランドセルが大きいし、クッションが弱い

↑ 肩が浮いているのが気になる…(汗)

長女のラン活時も感じたことですが。
萬勇鞄のランドセルは、他社ランドセルよりも大きい気がします。(汗)

大容量なので、脱ゆとり世代の娘達には適しています。
沢山入るので助かっていますが、大きい故に痩せている長女や小柄な次女にはフィット感が弱いのです。

中村鞄やセイバンはクッションが厚く、体型に影響されることなくランドセルを背負った時の密着度が高い。

それって
萬勇鞄は中村鞄やセイバンと比べると
身体の負担を軽減する機能が劣っている
ということではないでしょうか? (汗)

そこで、次女の試着時に萬勇鞄の販売員へ質問してみました。

すると
ランドセルの構造で重要なのは
肩から背中の全域にランドセルが密着することではない。

本体を背中と平行に保つことで重心を下へ保つことが大切。
とのことでした。

つまり
3年生になってもランドセルがフィットしていないように見える長女ですが、荷物を詰め込んだ状態でも仰け反っていないし、前かがみにもなっていないということは、ランドセルの機能としては問題がないのです。(驚)

これ以外にも萬勇鞄は
肩ベルトのクッションがセイバンや中村鞄より薄いのが気になる母。

それに関しても
昨年から置き勉がOKとなり普段の荷物が軽くなった
ので、構造のことは妥協することにしました。

牛革やコートバンを選ぶと重い

それから。
萬勇鞄の牛革ランドセルは重いです。

長女のランドセルは合皮なので、その重量は他社品と変わりません。
でもね、次女のランドセルは牛革なので1400gあるのです。(汗)

両手に持って比較しても違いは分かりませんでしたが…ランドセルは軽いに越したことはありませんよね。(汗)

デザインは私も好きですけど。
置き勉がNGなままだったら萬勇鞄は絶対に買わなかったと思います。

スポンサーリンク

 

萬勇鞄を選ぶならお早めに!

このように
長所も短所もある萬勇鞄のランドセルですが。
購入を検討するなら、迷っていられません。

長女の時は、5月の下旬にラン活を始めたのに、土屋鞄や萬勇鞄はパンフレットすら入手できなかったのです。
(どちらも6月に売り切れたと聞きました)

体に合ったランドセルを選ぶには、試着が必須
従って、本当は入学が近づいてから身体に合うお品を選ぶのがベストだと思います。

しかし、その作戦だと人気工房のお品は入手できません…。(悲)
じっくり比較検討したい方は、早期から活動するしかないのです。

さいごに

結局、機能よりデザインを優先した我が家。
良く言えば、子供の気持ちを大切にしたのですが…この選択はどうなのでしょう? (汗)

庶民にとって、ランドセルは高いお買い物です。

何を最優先するのか?
それを決めてから、ラン活を始めることをお勧めします。

 親子でよく話し合って、納得のいく買い物ができるとよいですね。