女の子だってレゴ! 遊ばないのは作り方が分からないから?

クリエイティブな遊びをさせよう!
そんな下心で購入したレゴなのに。

娘達は私が一緒でないとレゴで遊ばない子でした。(泣)

それが
少しの情報とパーツ提供を行うことにより、自分で遊ぶようになった
そんな話を綴ろうと思います。

スポンサーリンク  

必要なのはレシピでした

「ママ、何か作って」

自分では作ろうとはせず
私が作った作品で遊んでいた
娘達。
彼女達の創作意欲を刺激したのがPlusLでした。

レゴ作品のレシピを提示し、それを見ながら作る

そんな作業を母と一緒にやるうちに、いつの間にか自分でも作るようになったのです。

 

↓ の記事を書いた頃は
PlusLのレシピを見て作品をコピーするだけでしたが。
最近は、そのテクニックを真似してオリジナル作品を作るようになりました。

次女は9割パクリですけどね (笑)
パーツを工夫するようになったのが微笑ましいです。

www.azumin-in-wonderland.fun

そして今、作りたいのは動くレゴ

ところが…。
彼女達は手持ちのレシピを模倣することに飽きてきたようで。

「動くヤツを作りたい」

なんて言うようになりました。(汗)

それって、こんなやつ?

動くレゴと言えば…
「ブースト」だとか「マインドスドーム」でしょうか?

うーん、これは面白そうですね。
私も欲しいです !!
けど、子供の玩具にしては高い!!  (悲)

プログラミングはスクラッチでいいと思っているので、これは買ってやれません…。(泣)

レゴ テクニックを買ってみる?

もっとお安いお品はない?

調べてみたら
レゴには「テクニック」というシリーズがあるそうです。

これに付属するパーツは
色々な作品を作るのに活用できそうですね。

それとも、レゴ クリエイター ?

それから、「クリエーター」なんていうシリーズも見つけました。

これは1キットで複数の作品が作れる優れもの。
↓ のドローンはコスパ良すぎで、思わずポチりそうになりました。(爆)

結局、購入したのはこれでした

なんて。
Amazonを徘徊しては物欲を刺激していた私でしたが、買ったのは本でした。(爆)

この本はレゴのレシピ本でして。
レゴに動きを出すための特殊パーツが付録なのです。

この付録が娘達には丁度良くて。
手持ちのレゴと組み合わせ、ピタゴラスイッチのような作品が作れるようになったので、買って良かったです。

まとめ

「カラコロピタン」を購入して1ヶ月。
最初は長女が本を見ながら何かを作っていましたが、今は次女も一緒に作っています。(笑)

娘達の場合
レゴで作品を作って遊ばなかったのは
作り方が分からないから

レシピとパーツを買い与えて解決した感がありますが、娘達の内にある「素敵な作品を作れるようになりたい」そんな気持ちを刺激できたのかもしれません。

子供が何かをしたがらない時の対策
今回はうまくやれましたが、難しいですね。(汗)