ママ、お勉強がしたいの !!

これは5歳と8歳になった娘達の学習記録です。

算数の世界へようこそ! おすすめしたい算数絵本の読み聞かせ

私は理系なのに計算が苦手だったりしますが。(汗)
子供達にはそうなって欲しくなくて
幼児期から数に親しむよう促しています。

そこで今日は
娘達が1〜7歳の間に読み聞かせた絵本を記録がてら紹介したいと思います。

スポンサーリンク  

数の概念を育てる絵本

てぶくろ

これは子供達が大好きな絵本です。

おじいさんが落としていった手袋に
動物が容赦なく入っていく話です。(笑)

手袋の中にいる動物の数が増える度に、合計で何匹いるのかを読み上げるのが良いです。

子供は純粋に物語を楽しんでいますが、母は下心満載で。
数を覚え始めた頃によく読み聞かせました。(笑)

プラスマンとカズカズせいじん 

これも「てぶくろ」と同時期に読みました。

この絵本で数の理解が進んだ !
…なんてことはありませんが
カズカズ星人が数に関するクイズを出してくれたり。
イラストを眺めるだけでも楽しい絵本です。

1から100までのえほん

この絵本は単にコアラが可愛い! そんな理由で娘達に人気です。(笑)

私は娘が30までカウントできるようになってから読み聞かせたのですが、もっと早くに読み始めれば良かったと思っている絵本です。

長女はこの絵本を年長まで読んだので、まだまだ次女がお世話になりそうです。

1つぶのおこめ 

 算数への興味を引き出す絵本

「さんすうだいすき」シリーズ

有名な算数絵本「さんすうだいすき」です。

でも、娘達には激しく不評でした。
これを読み始めると最初の数ページで去って行きます。(謎)

「こくごだいすき」シリーズも良書だと思いますが…これも娘達には不評です。
(なぜだろう…?)

「はじめてであう すうがくの絵本」シリーズ

これも有名ですよね。
算数の世界への入口としてオススメできる絵本です。

でも。
うちの娘達には不評でした…。

私の見せ方が悪かったのでしょうか?
「絵本で学ばせてやる」なんて下心がいけませんね。(汗)

「ゲームブック」シリーズ 

この本には「お勉強しましょう」なんて雰囲気がないからでしょうか?
ゲームブックシリーズは子供達にウケました。
五味 太郎さんのイラストも可愛らしく、娘達は好きです。

母としては「さんすうだいすき」や「はじめてであうすうがく」の方を読み聞かせたいので、あちらの本はしばらく本を寝かせてから再チャレンジしたいと思います。

算数の呪い 

それにもかかわらず、この絵本を読み聞かせた理由は
生活の中には算数が溢れている
…そんなことに気づかせてくれる一冊だから。

この絵本を読んだ後は
ちょっぴり日常が変わりますのでオススメですよ。(笑)

「いじわる魔女のさんすうえほん」シリーズ

これは絵本ではなく、児童書ですが算数絵本として紹介しておきます。
簡単な算数なので4〜5歳でも大丈夫です。

物語を読み進めるだけで自然と算数を楽しめますから、是非読み聞かせましょう。

数の悪魔

世界を数字で表現してみると? 

ライフタイム

この絵本はイラストが素敵です。

内容も
「タツノオトシゴは1000匹の赤ちゃんを育てる」
といったように
生き物の一生に隠された数の世界が描かれており
とても興味深いです。

ただ、4歳児には内容が難しいようで。
小1の長女は「へぇ〜」と面白がって聞いていますので
幼児ではなく児童にオススメかもしれません。

信じられない現実の大図鑑
大人がハマりますから注意が必要かもしれません。

さぁ、算数遊びをしましょう!

たんじょうびのふしぎなてがみ

我が家のおやつは
暗号でその置き場所を示すことがあるのですが。
そのアイデアはこの絵本が元です。(笑)

記号で何かを示す遊び
オススメです。

ウラパン・オコサ

これは4歳の娘が好きな絵本です。
これを真似して小1の姉が応用して問題を作ったりもしています。

1と2が理解できれば楽しめる絵本ですから、この絵本を活用して数遊びをしてみてくださいね。

まとめ

今日は今までに私が読み聞かせた
算数絵本の記録をしてみましたが、いかがでしょうか?

読み聞かせ絵本の記録は毎回挫折気味。
こうしてブログに綴ることで
今度こそ続けたいと思います。