ママ、お勉強がしたいの !!

研究職の母が娘達の学習内容や使用教材について綴るブログです。

【小学1年生】 研究職ママが選んだ読み聞かせ「生と死」の絵本

私は読み聞かせ歴9年。
子供達を寝かしつける際に、必ず絵本を読み聞かせています。

基本は娘達が聞きたい話を読んであげますが、私が聞かせたい話も読むのが私流でして。
科学系の知識絵本や道徳観を高めるような本を、あえて選ぶようにしています。

そこで今日、ご紹介しますのは
私が「いのちの話」と称して読み聞かせている「生と死」に関する絵本です。

読み聞かせたことで眠れなくなりそうな本ばかりですが、「いのち」について考えることは大切です。

子供達が「いのち」を大切にする人になれるよう、秋の夜長に一冊いかがでしょう?

スポンサーリンク  

死をテーマにした絵本

葉っぱのフレディ

これは長女が年中さんだった頃から読み聞かせている絵本です。
美しい写真とはっぱのイラストが素敵な一冊なのですが、その内容は「死」がテーマ。

一般的な幼児にはオススメできませんが
「死ぬってどういうこと?」
そんな疑問を抱いた子供に読み聞かせたい絵本です。

ちなみに
私がこの本を購入したのはM1の夏。
当時は就職氷河期でしたから、求人に応募しても90社以上不採用で。
本当に死にたくなった時に手にした絵本でした。

この本を読むと
私にも生まれてきた意味がある
そんなふうに思えてきて。

いっぱい勇気をもらえたこと、読むたびに思い出します。