ママ、お勉強がしたいの !!

これは5歳と8歳になった娘達の学習記録です。

【4歳9ヶ月の取り組み記録】 虫歯予防は歯磨きから。自ら磨き始めた理由は口臭だった。

4歳の次女は歯磨きが大嫌い。

母としては
歯磨きなんて当たり前にやって欲しいのですが、それが地味に難しい毎日でした。

そこで今日は。
歯磨き嫌いな4歳児が
自ら歯を磨くようになった方法を紹介したいと思います。

歯磨きの必要性を理解させる試み、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク  

まずは虫歯菌について真面目に語ってみた。

虫歯を作っている犯人はコイツだ !

虫歯とは、虫歯菌によって侵食された歯のことである。
なんてことは4歳児でも知っているので、もっと詳しい話をしてみました。

せっかくなので
電子顕微鏡の写真を見せながら。

{15291ED3-415D-49F4-8EDE-8C35EF94A09D}
(引用元 : 最後にご紹介します)

ソーセージみたい (笑)

次女には
虫歯菌の恐ろしさを伝えたかったのに。

最初にこれを見せたら
虫歯菌に親近感を覚えてしまいました。(汗)

一般に虫歯菌と呼ばれているのはストレプトコッカス ミュータンス。
コッカスというのは球菌という意味で、ストレプトコッカス属は楕円形が連なったような形状なのです。
この丸みを帯びたフォルム…そう言われてみれば可愛いかも? 

さすが我が娘。
感覚が生まれつき変わっています。(笑)

そこで、虫歯菌の仲間とふれあいの時間を与えてみた

歯の隙間にあるベタベタは排水溝のアイツと同じです

そこで次女と観察したのが、洗面台や台所の排水溝です。

お恥ずかしい話
風呂は毎日掃除しますが、他の排水溝は気にならないと掃除をしないので、我が家のここを観察すれば確実に生命が発生しているのです。(汚)

そんな事を知らない次女は
私に言われるままに排水溝の蓋を外してみてビックリ !
そして触って匂いを嗅いでソイツを拒絶 !!

何これ? ヌルヌルしてて…臭い!?

待ってました、この反応 !!
(ニヤリ)

ここで改めて歯磨きの必要性を説明するため、残念そうな顔で話をしてやりました。

幼児に教える虫歯形成のメカニズム

歯磨きをしないと
歯の表面や隙間に、これと同じモノが増えていくんだよ 。(ニヤリ)

排水溝に発生していた
ヌルヌルとしたサーモンピンク色のモノを見ながら、次女は後ずさり。

このヌルヌルをプラークと呼んだりバイオフィルムと呼んだり、呼び方は色々だけど。
ヌルヌルの正体は細菌で、それは増えて集団となり、ヌルヌルを形成することで病原性を発揮するのです。

歯を磨かないと何となく歯がベタベタするのは、口内細菌が塊を形成するから
つまり、歯の表面に排水溝のヌルヌルと同じものが発生しているのです。

そして更に。

歯が虫歯になる原因は
虫歯菌が歯を溶かす酸を生成するからなのです。

だから
歯磨きをする必要がある

やっとこれで歯磨きの必要性が4歳児に伝わったようです。(安心)

でも、4歳児にとって虫歯は恐くなかった

{6B49A9A7-8FBE-451D-B71D-A147DA9D52F6}
(引用元 : 最後にご紹介します)

虫歯菌が形成するプラークの場合
糖がない環境では歯に付着する力が弱く、歯磨きで簡単に落とせる。
従って、歯磨きを丁寧に行っていれば虫歯にはなりません。

なので多少大袈裟に説明してみたのですが…。

本当に歯に穴が開くのかどうか
実験してみるね !

だ、そうです。(汗)
この強さは誰に似たのか?

次女を説得するのは無理なことのように思えました。(悲)

これで…次女は歯を磨くようになりました

それが、最近の次女は潔く磨くようになってきました。

そのきっかけは
姉妹の口臭問題

内臓が弱いのか?
うちの娘達は歯がない頃から口臭があるのです。

姉妹は互いの口臭を気にしているので、それをエサに歯磨きを説得してみたのでした。

使ったのは口臭チェッカー

「歯を磨かないと口が臭くなるのよ」

そう言って取り出したのは
いつぞやの忘年会でもらった口臭チェッカー。

早速、次女の口臭を測定してみました。(笑)

我が家にあるのは10年ほど前のお品なので古いのですが、それでも6段階評価で口臭を調べることができます。(笑)

で、気になるその結果は
歯磨き前の次女でレベル2

取説をなくしたので
これがどのくらい臭いのか不明ですが、レベル0が無臭ですから。
やはり次女の口は臭っているようです。

歯磨きをしないと口臭の原因になる!!

歯磨きをしなかったら
食べカスが腐って腐敗臭を発する。
その食べカスに含まれる糖を口内細菌が食べると、そいつらが強烈に臭いガスを発生させる。

普段は長女と「口が臭い」と笑い合っていた次女。

歯を磨かないと口が臭くなるという事実の方が虫歯になるという話よりもリアリティがあるようで、歯を磨くようになりました。

幼児なのに口臭を気にするところが乙女ですね。(笑)

この記事の引用本はこれ

最後に、今回引用した本を紹介します。

虫歯のうんちくを語るために使った本は ↓ の絵本。
写真が多いので、幼児でも視覚的に理解しやすくオススメです。

歯磨きのコツ虫歯になりやすい歯はどれかなど、歯について広く詳しく書いてあります。
仕上げ磨きをするお母さんの参考になる本ですから、是非読んでみてくださいね。