ママ、お勉強がしたいの !!

これは4歳と7歳になった娘達の学習記録です。

家庭保育園のチューターシステムについて、遊び方を教えます!

{D8A72177-63AA-4CEF-ADE2-09E52C4F20E9} 

家庭保育園の第二教室に、チューターシステムというものがあります。

これは
幼児期からのタブレット学習には不安がある
だけど
つきっきりで学習させるのは忙しくて無理
そんな方にピッタリな教具です。

まさに共稼ぎ家庭における家庭学習を応援するかのような、この教材。
チューターシステムの魅力やその使い方をご紹介しますので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク  

チューターシステムの魅力

回答が正解か、自分で確認できます

私がチューターシステムをお薦めしたい理由は

この教材が
ゲームのように遊びながら学べるだけでなく
文字が読めない幼児でも
自分で答え合わせができるからです。

以前は私もワンオペ育児をしていましたから。
1人で遊べるこの教材はとても重宝しました。

工夫次第で2歳からでも学習できます

そして、長く遊べる事もこの教材の良いところです。

チューターシステムは21冊のテキストと教具がセットになっているのですが、工夫すれば推奨されている3〜7歳よりも早い段階から使えるのです。

うちの娘がチューターシステムに出会ったのは2歳。
最初はチップを並べて模様を作ったり、テキストを絵本代わりにしたりして活用していました。

テキストは小さいのでお出かけの際には持ち歩き、待ち時間にクイズをする時にも役立ちました。

チューターシステムの使い方は?

それでは早速、遊び方を紹介してみたいと思います。

うちの子供達が1人で遊べるようになったのは、4歳近くになってからですが。
飲み込みの早い子なら2歳のお子さんでも1人で遊べるようですので、是非挑戦してみてくださいね。

1. 問題とチップ、解答をセットする 

{0C918DF9-C88D-4A76-B6E0-B0B1A7F0F67C}

まず、テキストの中から遊びたい問題を選びます。
そして問題に対応する回答シートをチップと一緒にケースへセットします。
↑ 写真のオレンジ色の物がケースです。

この時のチップの並べ方ですが、数字は適当に並べても大丈夫。
うちの子達は並べずに解いています。(笑)

それから、注意事項なのですが。
チューターシステムに取り組むのが1~2歳の場合、ケースへのセットから自分でやらせると集中力が持たなかったりします
この教材は12問ある設問を全て解かないと面白くないので、これは気をつけなくてはいけません。

なので私は妥協して
娘が4歳になるくらいまでは、最初のセッティングを全てやってあげました。
その方が母のストレスがないのでオススメです!

2.  回答しながらチップを置く

{864B2C10-4D45-41B6-A5AD-A0DE788EA499}

次に問題を解きます。
↑ の場合は「同じ図形を探す」問題です。

テキストの問題に示されている番号のチップを探したら、それを同じ図形が描かれている回答シート上に置いていきます。

ちなみに。
チューターシステムのテキストは沢山あるのですが、「えあわせ」はチューターシステムの取り組み方を習得するのに適しています。

私は「たのしいかずあそび」や「たのしいもじあそび」から始めてしまいましたが、少しでも難しくなると集中力が持たなくて
やはり簡単なものからトライした方がよいと思います。

3.  答え合わせをする

{42F82ADB-BCE0-4CEB-A5DE-948359B6D64D}

全ての問題を解いたら、いよいよ答え合わせです。

一度ケースの蓋を閉じ
ひっくり返して再びケースを開くと…。

正解の場合だけ
美しい模様が現れます。

全ての問題に正しく回答できたかどうか
このしくみなら2歳児でも自分で確認できるのです。

子供にとって
模様が自分で作れたことはご褒美みたいなもので。
解けば解くほどやる気がでます
なので時間がある時に取り組んだ方がよいです!

実際に次女とチューターシステムで遊んでみました 


How to チューターシステム! その遊び方をご紹介!!

文章だと分かりにくいかもしれないので動画を簡単に作ってみました。 

内容は
チューターシステムの使い方と
実際に次女が遊んでいる様子なのですが。

自分で解いて答え合わせをしている様子を撮影したかったのに、半年ぶりにやらせてみたら、やり方をすっかり忘れていました(悲)

覚えるのも早いけれど
忘れるのはもっと早い。

とても残念な動画ですが、ご興味のある方は参考にしてください。
初めてチューターシステムを使う人には役立つと思いますので。(汗)

さいごに

チューターシステムに限った事ではないのかもしれませんが。
手指を有効的に使える今だからこそ出来る遊びって大切です。
第二の脳とも呼ばれる指先を使う事が、脳の発達を促すからです。

アプリなどの知育ゲームも便利ですが、あれは指先能力を高めるものではありませんから。
できるだけ指先を使うような物を幼児には与えたいものです。

家庭保育園だけでなく、フレーベル館のサイトでも購入できるようですのでチェックしてみてくださいね。
今は私が持っている総合セットはないみたいですが。(汗)
↓ のサイトから別のセットは購入可能なようです。

www.froebel-tsubame.jp