ママ、お勉強がしたいの !!

これは4歳と7歳になった娘達の学習記録です。

我流・モンテッソーリ言語教育ヒストリー 2

前記事の続きです。

次女は今、モンテッソーリ言語教育で言うところの「書き」の段階。
少しだけ「読みのお仕事」もやりますが、基本は常に遊んでいます

私のモンテッソーリは見真似ですので、間違っている事も多いかと思います。
でも、いつか「今」を振り返る為に、記録として残していきたいと思います。

スポンサーリンク  

モンテッソーリ教育の「読み」は文字を知るところから

モンテッソーリ言語教育では、いきなり文字を読むのではなく具体物やイラストを頼りに文字を知るところから始めます

と言っても。
私は具体物とイラストのマッチングから展示しました。

使ったのは七田の「かな絵ちゃん」と具体物。
野菜の絵カードと本物の野菜、乗り物の絵カードとチョロQといったように物と絵をペアリングします。

これは2歳前から行いましたが、当時はこれが「言語教育」とは知らずに行っていました。 (汗)

順番が違うかもしれないけれど「50音の箱」も開始

このように、次女は文字の「読み」習得方法が若干変わっているので、50音表を教え込むつもりは全くなかったのですが。
長女が壁に貼ったひらがな表に興味を示したので教えてみる事にしました。
 
行ったのは「50音の箱」を行うための準備。
長女が昔に使った「公文のあいうえお盤」の類似品を押入れから出してきただけです。
 
↑ のサイトはモンテッソーリ教育を真似し始めた頃に熟読したサイトです。
こちらの「50音表」は書体が美しいのでオススメです。
私もここからDLした50音表とペットボトルの蓋で教具を作成しました。
 
もちろん、本物の教具や公文教材は良いですよ。
本屋で教材に触れた事があるのですが、手作り品より魅力的でした。
我が家が裕福だったら買っていたと思います。
(当たり前か…)
  
view raw