ママ、お勉強がしたいの !!

これは4歳と7歳になった娘達の学習記録です。

ランドセルの使用感をレポ ! 萬勇鞄を購入して1年が過ぎました。

4月ということで。
年長のお子さんがいる親御さんはランドセル選びが佳境に差しかかる頃ですね。 

そこで今日は
長女が使っている
萬勇鞄のランドセルについて使用感をまとめてみようと思います。

ランドセル候補に萬勇鞄を検討している方は参考にしてくださいね。

スポンサーリンク  

萬勇鞄を選んだ理由

そもそも、ランドセル選びの基準は?

ランドセルに求めるものは何か?

我が家は
荷物が沢山入ること
身体にフィットすること
この2 点を重視して選びました。

もちろん重量も気になりましたが
ランドセルは身体にフィットすることで重量感が変わるそうで。
萬勇鞄は他社ランドセルよりも重いので手で持つと重いように感じますが、背負ってみると本当に気になりません。

今は色々なランドセルがあるますから。
ランドセルに何を求めるのか決めてからラン活に挑むことをおすすめします。

検討したランドセル工房はこれ !

我が家が検討したのは

鞄工房山本 … 肩ベルトの加工が魅力 !
池田屋 ……… とにかく大容量 !
土屋鞄 ……… 上質な皮 ! 

どれも有名なランドセル工房ですね。
フィットするかどうかは試着しないと分からないので、機能や素材を評価しました。

でも。
あれ? と思いませんでしたか?

そうです。
萬勇鞄は私の希望に合致しなかったので、当初の候補にはなかったのです。

試着を繰り返す中で
「飾りがついているものがいい」
と長女が言いだしたので、急遽候補に加え、試着に行ったのでした。(汗)

ランドセルを決めたのは長女でした

{7D78C2E3-5470-4235-A756-E716A7DE6EB8}

一通りランドセル試着を終えた後、自宅にて話し合いをしたのですが。
最初に試着したランドセルの背負い心地なんて覚えているわけがなく…。(汗)
試着した際の写真を見ながら決めました

そうするとね
萬勇鞄の刺繍は美しいですから。
長女は即決でしたよ。ハイ

寝不足になりながらも
ランドセルについて調べたり。
ランドセル試着の旅による母の疲れなんて娘は知らないのです。(泣)
もう少し色々迷って悩んで欲しかったな。。

痩せている長女には
若干コンパクトな土屋鞄の方がフィットしていたように感じましたが
本人が気にいった物が一番 !!
そのように判断して発注しました。

ちなみに長女のランドセルはこちらです →ファラーシャ
(参考までにどうぞ)

萬勇鞄を1年使ってみてどうだったか?

汚れは?

使用開始前に防水スプレーをしたから…というのもありますが。
萬勇鞄の合成皮は防汚加工ですから
傷や汚れが目立ちません。

公園の地面にドンっと落として遊んでいたりもしましたが
今のところ目立つ汚れがないのは流石ですね。

{01DB717F-0C4A-42EC-936E-E1E97A5A0D75}

でもね、見えないところは汚れています。

背当て部分は薄汚れています。
購入してから1度も拭いていないのが仇となりました。(泣)
↑ の写真だと分かりにくいですけど、汗ジミですかね?
夏は汗をかきますもの。
白い部分は汚れが目立つので、拭いてあげたらよかったと反省しております。
(ゴメンよ、長女! )

{A439DF95-9E99-485C-983E-EDADD6131A8E}

そして、中が激しいです。
見てくださいよ!! 黒く汚れています。(悲)

うちの長女は「筆箱に片付けるのが面倒だから」と言って、キャップなしで鉛筆を放り込むのです。
おかげで内側は鉛筆の芯で汚れてしまいました。(泣)

それから。
底に一枚板が入っていたはずなのですが、いつの間にか無くなっています。
底板(?)は固定されていないので、接着剤で貼ればよかったと思いました。
(なぜ外れる設計なのだろう?)

皮の痛みは?

{041D3A10-5058-468B-ACC9-984924140D66}

長女が選んだのはパール系タフガード(合皮)ですから、牛皮ほどの心配はないのですが。
やはり開け閉めする部分や肩バンドにはシワが発生しています。

これは他社ランドセルでも同じだと思いますけど。
色によっては今後目立っていくのかもしれませんね。
(パール系にしてよかった)

ちなみに、写真のタツノオトシゴは長女が撮影時につけただけです。
(つまり意味はない)
なので気にしないでくださいね。(汗)

1年使ってみた使用感は?

少しだけ前述しましたが
萬勇鞄のランドセルは1200〜1400g。
他社のランドセルと比べると若干重たいです。

しかしこのランドセルは
立体構造を工夫して作られていますから。
身体ににフィットし、大人が心配するような重量感ではないようです。

教科書が入ったランドセルを自転車の籠に入れると、あまりの重さで転倒しますもの。(恐)
重量感を減らす工夫、大事ですよね。

長女に感想を聞いてみたら
まるで罰ゲームのように荷物が多いから、ドラえもんのポケットみたいに荷物を圧縮できるランドセルがよかったな (笑)
だそうです。

…まぁ
今のところ
ランドセルに不満はないようですから。
卒業まで使ってもらいましょう。(笑)

さいごに

以上が萬勇鞄のランドセルを1年使ったレポです。

我が家には1つしかランドセルがないので他社ランドセルとの比較はできませんが、萬勇鞄のお品はカバーをつけずに使用しても外観が汚れにくいし丈夫です。
(あんなに乱雑に扱っていたのにね)

来年は次女のランドセルを買いますから
その時は他社ランドセルを買って比較してみようかな? (笑)

ランドセル試着の旅を終え
最終決断で迷っている方がいたら是非このレポを参考にしてくださいね。